Skip to content

痴漢で逮捕されたら不起訴でも前科がつくのか

痴漢で逮捕されたら

もしも痴漢で逮捕されてしまった時、それが冤罪だったとしても逮捕されてしまったという事実は残ってしまいます。逮捕されても日本では起訴されて裁判で有罪が確定するまでは推定無罪という基本ルールがあります。ですから逮捕されたからといってすぐさま前科がつくというわけではありません。

しかし痴漢での逮捕に限れば、逮捕されたという事実だけで社会的に非常に大きなダメージを受けてしまう可能性があります。例えば仕事などをクビになってしまうかもしれませんし、家族との関係もうまくいかなくなってしまうかもしれません。

たとえ不起訴になって無罪だと確定したとしてもすべてが元に戻ることはないといえるでしょう。そして一度逮捕されてしまうと無実だったとしてもそれを証明するのは非常に難しいといえます。個人ではかなりの確率で無理だといえますので、もしも逮捕されてしまったのであれば早急に専門家である弁護士に弁護を依頼しましょう。
現在では痴漢の冤罪のケースもあるため、被害者の主張だけを尊重するということは少なくなってきました。目撃証言や指紋などの採取など物的な証拠も重要視されるようになってきています。しかしそれでもまだ被害者の女性の訴えの重要性は高いままですし、やったやってないの水掛け論になってしまうとどうしたも被害者側の主張が認められやすい傾向にあります。

起訴後の厳しい現実

日本では逮捕されて起訴されてしまうと、99%の確率で有罪になってしまうという現状があります。そして有罪になってしまうと経歴に前科がついてしまいます。
一度有罪が確定してしまうとそれを覆すのはほぼ不可能といっていいでしょう。
ですからもしも痴漢で逮捕されてしまったのであれば、起訴される前にしっかりと無罪だということを主張することが大切です。
無罪を主張するためにも有効な弁護をしてもらうためにも、早急に弁護士に依頼しましょう。こういった事件の場合は早期の対応が非常に大切になります。
起訴されて有罪になってしまうと前科がついてしまいますので、無罪を主張するためにもきちんと弁護をしてもらうようにしましょう。
逮捕されてしまうとそれだけで前科持ちになってしまうと思っている方もいるかもしれませんが、正確には警察から検察へ送致されてそこで起訴するか不起訴にするかが決定されます。
この時点で弁護士に依頼をして弁護をしてもらい、不起訴を働きかけてもらうのです。不起訴の他にも嫌疑なし、嫌疑不十分など冤罪を防ぐためにも検察はしっかりと事件を調べて明確に犯人でないとわかったときや犯人でない可能性が高い時は起訴されない可能性もあります。
または起訴猶予といって一定の条件に当てはまると不起訴になる場合があります。
不起訴になれば前科はつきません。
痴漢事件は冤罪など非常に難しい問題のある事件です。当事者同士で示談をするなどすると思わぬトラブルに発展してしまう可能性もあります。きっちりと弁護士に相談して対応してもらいましょう。