Skip to content

痴漢で逮捕されないために

駅

痴漢が起きる場所と時間帯

外出時、電車やバスなどを利用している方もいるでしょう。通勤や通学、ちょっとした買い物をする際に少し遠くのお店に行くために利用するということもあります。電車などの場合には、時間帯によっては電車内が混雑することもあり、満員電車の場合には、満足に身動きが取れない状況になる場合もあり、周囲にいる方に密着した状態になることもあるでしょう。

満員電車や、ちょっとした混雑した車内の状況を狙って痴漢行為をする方もいます。女性にしてみれば知らない人に触れられるという恐怖や不安などもありますが、通勤や通学でいつも同じ時間帯を利用している場合には、狙われるという可能性もゼロではありません。

また、逆に男性は、痴漢に間違われてしまう可能性があります。別の人が痴漢行為をしていたにもかかわらず、女性のほうが勘違いを起こし、取り押さえられてしまい逮捕になるということもありえる話です。特に混雑した電車内では誰がどのようなことをしているなど状況把握することは難しく、女性に対して電車が動いている状況で揺れている車内で偶然、女性に触れてしまうということもあります。その状況であっても最悪の場合には、逮捕されてしまう可能性もでてきます。

痴漢冤罪を防ぐために

そのため、男性側からすれば通勤や通学で使う電車というのは、そのように逮捕されるリスクということも良く考えて、電車に乗る必要があります。女性側から勘違いされないように、できるだけ女性の近くに行かないということも大切です。また、混雑している車内では、女性とかなり近い距離の立ち位置になることもあります。そのような場合では、できるだけ女性に触れないようにすることや、手もできるだけつり革や手すりなど周囲からも見える位置を掴んでおくということも重要なポイントです。
手が周囲から見えないような状況では、痴漢に間違われてしまった場合に周囲の目撃証言などをしてもらえない可能性もあります。男性側としても痴漢をしていない状況であっても逮捕されてしまっては、自分の家族、そして会社などの立場などにも多大な影響を与えてしまうことになりかねません。そのため、誤解を招くような行動をしないこと、女性に勘違いされるような状況を作り出さないことも重要です。
電車が混雑している時には、動きが取れないということもあります。そのような状況を回避するためには、混雑している時間帯を避けて電車に乗るというのも有効な手段です。混雑していない車内なら、ある程度自由に動くことができ、女性からある程度の距離が離れた位置に乗ることができます。車内ではどのような状況になるかわかりません。そのため、ある程度自分で痴漢として逮捕されないために対策をしていくことも必要です。逮捕されてしまうと生活状況が一変してしまいます。そのような状況に陥らないためにも、常日頃から誠実な行動、そして、できるだけ誤解されないように行動や対策を取ることが重要です。”