痴漢行為をしていないなら逮捕される前に逃げる

電車の中や公共施設などいろいろなところで、女性に対して痴漢行為を働いて、それに対して警官などに捕まるなど、本人が実際にその行為を働いたのであるのであればわかるのですが、自分がしていないにもかかわらず、女性から「この人におしりをさわられた」など、痴漢行為をされたと言われた時はどうしたらいいのでしょうか?
もちろん、電車の中での場合は、次の駅で加害者扱いされた自分と被害者となっている女性との間に、駅長や警察官などが来ると思いますが、この時に自分がいくら痴漢などはしていないと説明したとしても、それを証拠としてきちんと示さない限りは、痴漢行為として逮捕される可能性があります。こういった場合はどのように対処すべきかといいますと、意外かもしれませんが、逮捕される前に逃げてしまうのが一番良いのです。
「逃げずに自分には何も非がない、だから無実なんです」といくら説明しても、それをしていないと立証できない限りは、犯人扱いされたままになります。
しかし、自分がしていないという周りの証言を得ることや、他に痴漢をした人を特定しない限りはかなり厳しいといえるでしょう。
ですので、不本意かも知れませんが、警察官に捕まる前に逃げてしまうのが一番です。痴漢行為をされた女性は辛い思いをするかもしれませんが、自分がやっていないのですから、それはかまってられません。この場合はとにかく、現行犯逮捕にされるのだけはさけなければならず、逃げるのが一番です。
しかし、そこでもしつかまったら罪が重くなるのではないかと考えるかもしれませんが、結局は自分はしていない以上、取調べを受けても逃げた事情を含めきちんと説明すべきです。真摯な態度できちんと対処してもあくまで証拠が無い以上はどうしようもないのです。
働いている方にとっては、会社に迷惑がかかることがあるかもしれませんし、家族がいる場合でも、奥さんや子供、または両親に迷惑をかけるということもあると考えられるでしょう.またそれによって、信頼が失われる人間関係もあるでしょう。このようなことを考えると捕まってしまうということはとてもデメリットが大きく、ご自身がいくらしていないと言っても、それだけの社会的制裁を受けることには変わりありません。ですので、立証することができないと考えた場合は逃げてしまうのが一番良いと言えるのです。
逮捕されるというのは、とても長い時間警察から取り調べを受けることにもなるし、ご本人も精神的にとても苦痛を受けることになります。実際にそのような行為を働いていないにもかかわらず、警察で尋問を受け続けるということは、精神的にまいってしまった、とりあえずその場を解放されたいがために、「自分がやりました」と嘘をついてしまうかもしれません。
自分はそんなことをしていないと確信しているのであるならば、不本意かもしれませんが、逃げるということを選択肢として覚えておくと良いでしょう。