Skip to content

痴漢で罰金を払うと前科扱いになってしまう

痴漢の罰則

痴漢事件は捕まってしまった場合には何らかの罰則が決められており、どのような法律違反に該当しているのかによってその内容が異なっています。例えば強制わいせつ罪の場合は6月以上10年以下の懲役とされていますし、迷惑防止条例違反の場合は常習犯でなかった場合は6月以下の懲役または50万円以下の罰金、常習犯であった場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金とされています。

この中で懲役の場合は刑務所に入らなければいけないので多くの人にとっては回避したい罰則として知られているのですが、罰金の場合はお金を払うだけで開放してもらうことができると言う事で刑務所に行かなくていいという特徴があります。そのため人によっては罰金刑を受け入れてしまい、被害者との示談など時間がかかる方法を回避すると言う場合もあるようです。

ここで注意しておきたいのは、お金を払うと言うことは「自分が痴漢をしました」と認める事であるということです。本当にやってしまったと言う人の場合はそのように対応する事も仕方ない部分がありますが、もしも自分がやっていないと言うのにお金を払ってしまった場合は罪を認めたと社会的に宣言しているようなものなのです。

罰金も前科!

つまりお金を払う罰則も罪を犯した人に下される刑事罰のひとつとなっているので、受け入れた場合は前科として背負っていかなければいけなくなってしまうのです。前科をつけられてしまうと問う前社会的に不利益を被ってしまう事が多いですし、一生その事実がのしかかってくるため何らかの事態で自分の首を絞めてしまう可能性もあります。

そのためもしも痴漢をしたと言う事で捕まってしまった場合は、本当にやっていた場合もやっていない場合も罰則を受け入れるのではなく、早急に被害者との示談交渉を進める事が大切だとされています。

と言うのも示談交渉というのは被害者と和解すると言う事を意味していて、成立する事によって被害者や検察官から起訴されると言うリスクを回避する事ができるようになっています。この際に拘留されてしまった場合は拘留所に行かなければいけなくなりますが、示談を成立させれば刑務所には行かなくて済みますし前科も尽きません。
そのため冤罪だったと言う人は勿論ですが実際にやってしまったと言う人にとってもお金を払うよりも大きなメリットになっているので、刑事罰を受け入れるよりも先に示談交渉を進める事が大切になっているのです。

それでもお金を払ってしまった方がすぐに終わるという風に考えている人は少なくないとされており、実際にお金を払って解決していると言う人もいるようです。ですがそのような態度は相手に不快感を与える事が多く、「お金を払えばいい」という態度を示してしまうと反省していないと判断されて公判請求されてしまうというケースもあります。
このようなケースの場合は最終的に懲役刑になってしまう可能性もないとは言えませんし、当然前科もついてしまうので社会的には最も印象が悪い結果になってしまいます。なので、お金で解決すればいいという考えは持たず、示談交渉をすることによって誠心誠意反省しているということを示す事が大切です。”