Skip to content

痴漢に疑われたらまず弁護士を呼ぶ

痴漢冤罪の恐怖

痴漢に悩まされているのは、何も女性ばかりではありません。自分は何もしていないのに、運悪く痴漢に間違われて駅員に突き出されてしまう男性も実際にいるのです。例えやっていなかったとしても、それを証明するのは非常に難しく、駅員室などで厳しく多くの人に尋問されれば示談金を払って認めてしまおうと考える男性も少なくありません。

しかし、やってもいない痴漢のせいで名誉やお金を失うのは非常に辛いことですし、何より家族がいれば自分一人の問題ではなくなってしまいます。このため、痴漢を疑われた場合は安易に認めず、すぐに弁護士を呼ぶことが重要なのです。

弁護士が駆けつければ被害を訴える女性も駅員も強く問い詰めたりできなくなりますし、いざ裁判になった時に備えて証拠集めなども行ってくれます。弁護士など一般人には縁がないように感じられますが、近年では痴漢冤罪が社会問題視されていることもあって、痴漢に疑われた際に弁護士がすぐに来てくれる専用の保険なども販売されています。もちろん費用はかかってしまいますが、やってもいない犯罪のために全てを失ってしまうことに比べたら微々たるものです。最近は示談金目当てにわざと気の弱そうな男性を狙って被害を騒ぎ立てる若い女性もいると言われており、男性側もこういった犯罪から身を守る手段を用意しておく必要があるのです。

弁護士を呼ぼう!

弁護士を呼ぶ場合、注意したいのが駅のホームから動かないということです。多くの場合、女性が被害を訴えると駅員がやって来て駅員室などに男性を連れて行こうとします。部屋で落ち着いて話を聞かせてほしい、など優しく言って来るのですが、ここで安易に付いていってはいけません。部屋に入ればすぐに厳しい取り調べをされてしまい、精神的にどんどん追い詰められてしまいます。しかも困ったことに駅員室には何だかんだと理由を杖Kて弁護士がすぐに入れてもらえないことが多く、せっかく来てもらっても頼れないケースがあるのです。いざという時に備えていても、身近に付いていてくれなければ意味がありません。密室に閉じ込められてしまうのを避け、すぐに合流できるように駅のホームなどからできるだけ移動しないようにしましょう。この時、一緒の電車に乗っていた人などに冤罪を訴えておくと、後で証拠集めをする際に冤罪を証明してくれる目撃者などが出てきてくれることもあります。待っている間もじっとしているのではなく、自分の疑いを晴らすために出来ることをしておきましょう。

このように、自分が冤罪に巻き込まれてしまった時に備えて十分な準備をしておく必要があります。知識を持っていれば切り抜けられることもあるので、自分には関係ないと楽観視するのではなく、あらゆる可能性を考えて準備しておくことが大切です。できれば満員電車に乗る際にはあらぬ疑いをかけられないように、女性の近くには乗らないようにするなど出来る限りの対策を立てておくことも大切です。”