Skip to content

痴漢で捕まった時は、示談の成立が重要です

被害者との示談

刑事事件などで逮捕された場合は、早い段階で被害者との間で示談を成立させる事が重要な事になります。これは痴漢で逮捕などをされた時でも同じ事で、起訴させる前に被害者との間で成立していると不起訴処分になる事が多くなります。

被害者と加害者との間で事件について話し合い、被害者の受けた精神的苦痛に対して損害賠償金などの金額の話合いをする事を示談と言います。痴漢の時の話合いでは、損害賠償金などの金額と一緒に被害者が警察に提出した被害届の取り扱いについても話われる事が多く、被害者に対して慰謝料を支払う事で被害届を提出をしないようにしたり、提出してある被害届を取り下げてもらう事が多くなります。

被害者と加害者との話し合いの中で、損害賠償として慰謝料の受け取りを被害者が了承した場合は、民事的問題が解決した事になります。被害者との間で慰謝料の問題が解決しない時は、被害者から民事裁判を起こされてしまい示談交渉が成立しなくなります。

起訴されると刑事処分が重い

成立しない場合は、検察官に起訴される事が多くなり刑事処分が重くなる可能性があります。被害者との間で示談交渉がうまく進まず被害届が取り下げられない時は、起訴処分となり裁判を受ける事になり、裁判で出される判決は有罪になってしまう事が多くなります。

しかし、被害者との間で行った示談交渉が成立すると、加害者が受ける刑事処分が軽くなります。被害者との間で検察官から起訴される前に成立した場合は、起訴をされずに不起訴処分となる事が多くなります。不起訴処分になった場合は、加害者は裁判をしないので痴漢行為で有罪になる事がなくなります。

有罪の理由が強制わいせつ罪の時は、懲役刑の判決が出てしまう事もあります。また、加害者が裁判を受けて有罪になると、執行猶予の判決が出ても前科が付いてしまいます。しかし、不起訴処分になると有罪になる事がないので、加害者に前科が付く事がありません。

加害者の前科が付いてしまった場合、これからの生活に大きな影響が出てしまう事があります。痴漢などの刑事事件で油剤判決を受けると、多くの会社で解雇処分にします。有罪判決を受けた事を会社に黙っていた場合は、後で会社に知られた時に解雇やその他の処分を受ける事になります。仕事などの採用面でも、様々な影響が出てきてしまいます。

採用試験などの時に会社に提出する履歴書に、前科を受けた事を記入していない場合、後で虚偽の報告をし事で採用や内定を取り消されてしまう事があります。このよう示談が成立していない場合、加害者は一生消えない前科が付いてしっまったり会社を解雇されたりするので、これからの人生を大きな不利益を背負いながら生活して行く事になります。

そのため、被害者との間でしっかりと話し合いを進めていかなければなりませんが、加害者は身柄を拘束されている事もあるので話し合いを進める事は難しくなります。そのような時は、刑事事件などに詳しい専門家に良く相談をして話し合いを進めて行くのが良い方法と言えます。