Skip to content

痴漢で掴まった際に釈放してもらう方法

痴漢冤罪の恐怖

近年痴漢冤罪と言う言葉もあるように、やっていない痴漢行為によって捕まってしまうと言う冤罪事件が多発しています。このような事件で捕まってしまった事実が明るみになってしまうと簡単にその事実を覆す事はできなくなってしまいますし、社会的にも犯罪者として様々な不遇の扱いを受けてしまう事になります。

そのようなトラブルに発展させないためにも万が一捕まってしまった場合はただちに釈放してもらう必要があるのですが、そのために最も必要だとされているのが弁護士の存在です。
と言うのも万が一捕まってしまった・交流されてしまった場合には家族は面会する事が許されていないため、捕まってしまった人は外部との連絡手段を絶たれてしまう状態になってしまいます。そのため被害者との交渉などもできないまま話が進んでしまうため、有罪前提でどんどん話が進んでしまうと言う事態になってしまうことがほとんどです。

痴漢釈放なら弁護士相談!

ですがそのような事態を防ぐ事ができる唯一の存在となっているのが弁護士で、弁護士だけはその権利で捕まった人と面会・話をすることが可能とされています。なので早急に事態を把握する事ができるようになっているので、それを踏まえて警察や被害者に交渉して釈放される時間を短縮する事ができるようになっているのです。

ではどのような段階で弁護士に依頼すればいいのかというと、最も適切なタイミングとして言われているのが痴漢として逮捕されてしまった段階です。この時点ですぐに弁護士に相談しておかないと捕まった人が孤立してしまいますし、どんどん不利な状況に追い込まれてしまいます。

具体的なタイミングとしては逮捕されてから3日以内だとされており、まずはその段階で弁護士を通じて検察官に対して勾留請求をしないよう働きかけることができるようになっています。拘留されなければ捕まってしまったとしてもそのまま釈放してもらうことが出来るので、すぐに次の対策を講じる事ができるようになるのです。
ではもしもすでに拘留されてしまっている場合はどうすればいいのかというと、こちらも弁護士を通じて2つの手段を利用する事ができます。

1つは痴漢の被害に遭遇した被害者と示談交渉を行うと言うもので、検察官に示談の意思を示す事で連絡する事ができると言う場合があります。こちらの方法は本当に痴漢をしてしまった場合に有効だとされていて、示談が成立する事によってその日に釈放してもらえる可能性が高くなっています。

そしてもうひとつの方法として言われているのが不服申し立てで、こちらは冤罪である場合に利用する事ができる方法です。要するに拘留が不当なものだと訴える事ができるもので、裁判所に対して申し立てることで認められればその日のうちに釈放してもらえるようになっています。

ではもしも拘留された上に起訴されてしまった場合はどうするのかと言うと、これ以降は釈放ではなく保釈と言う形での手続きとなっていて弁護士以外には手続きをすることができなくなっています。なのでこの段階まで進んでしまったのであれば、弁護士に一任するしか方法はないとされています。”