Skip to content

駅で痴漢冤罪で捕まってしまった時の対処法

痴漢冤罪の対処

痴漢は卑劣な犯罪です。しかし満員電車などで行われている場合には冤罪で痴漢の疑いをかけられてしまう可能性は誰にでもあるのです。

痴漢という行為は卑劣な行為だからこそ、冤罪でも逮捕されてしまうと、のちに無罪だったということがわかっても非常に難しい立場に置かれてしまう可能性が高いので、すぐに弁護士などに連絡するなどその場での対処が重要になります。

まず駅などで取り押さえられてしまった時に、それを振り切って逃げるような行為はいけません。あらぬ疑いをかけられてしまうとパニックになって逃げ出したくなるかもしれませんが、逃げてしまえばそれは罪を認めてしまったととられてしまう可能性があります。

駅といった人が大勢いる場所で疑いをかけられてしまうと、驚いて立ち去ってしまいたくなるかもしれませんが、逃げてしまうと状況を悪くしてしまう可能性があることを覚えておきましょう。そしてできれば堂々とした態度でしっかりとやっていないという主張を訴えることが大切です。
こういった場合には、とりあえず駅員室へという流れになりがちですが、うかつに人気のない場所へ移動してしまうとそこで逮捕ということにもなりかねませんので、その場を動かずにやっていないということを主張することが重要になります。

痴漢の証拠とは?

現在の傾向では、被害者の訴えだけではなく物的証拠を重要視するようになっています。手に付いた繊維やDNA鑑定などもあります。

ですからできるだけ人の多いところで目撃者が多いところなどで違うということを主張することが大切なのです。

また当事者同士の証言よりも第三者の目撃証言などは重要視されます。場所を移動してしまうとそういった目撃者を特定するのが難しくなってしまう可能性があるので、できるだけ当事者以外の目撃者などを確保することがしやすい状況にしておくことが大切です。

もしも警察が介入して逮捕ということになってしまったら、すぐに弁護士などに連絡をして対処をしてもらうようにしましょう。冤罪でも痴漢で逮捕ということになると社会的に非常に厳しい影響を受けてしまいます。

社会的信用なども失墜してしまうことも考えられますし、無実だったということがわかっても、逮捕されたという事実があるとあらぬ疑いを持たれてしまうこともあるのです。
それは対処が遅れれば遅れるほど影響も大きくなってしまう傾向にあります。

自分自身で無実だと主張していくのは一度体されてしまうと非常に難しくなってしまいます。ですから早い段階で専門家である弁護士に弁護を依頼する必要があります。
痴漢の冤罪の中には、最初から嘘の訴えで被害者を装い示談金を請求してくるといった悪質なケースもあります。

痴漢の場合は特に被害者に周囲の道場が集まりやすいので、やっていないと無実を主張してもなかなか信じてもらえないことも多く、それが冤罪を生んでしまうことにもなっています。
冤罪事件に巻き困らないようにするためには、変に逃げ出さないで弁護士などに早急に連絡して対処してもらうことが大切です。